日本代表ギャビン・エドワーズのBリーグでの活躍、プレースタイル、妻と子供について

  • ギャビン・エドワーズって何者?
  • 日本代表選手だよね?

東京オリンピックの男子バスケ日本代表に選出されたギャビン・エドワーズ。

彼は長年Bリーグでプレーをしており、日本に帰化した選手です。なので、日本代表に選出されています。

日本代表の帰化選手枠は1つのみと狭き門です。

彼が、日本でどう活躍し、どのようにして1つしかない帰化枠を勝ち取ったのか。

筆者
バスケ歴15年の私が、ギャビン・エドワーズのすごさを紹介します。

この記事を読むことでギャビン・エドワーズのバスケ歴や日本での活躍、彼の強みなどが分かります。

選手についてよく知ることで、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1988年1月15日
出身地 アメリカ合衆国
高校 メスキート高校
大学 コネチカット大学
身長 206cm
体重 110kg
ポジション PF

<プロキャリア>

2010-11 グランドラピッズ・ドライブ(NBADL)
2011-12 ペルステリBC(ギリシャ)
2013-17 シーホース三河
2017-現在 千葉ジェッツ

Bリーグまでの歩み

学生時代

ギャビン・エドワーズはアメリカのアリゾナ州フェニックスで生まれます。

高校はメスキート高校に進学し、地区最優秀選手にも選出されたことがあります。

 

大学はコネチカット大学に進学しています。

当時のチームメイトにはNBA選手のスター選手であるケンバ・ウォーカーがいたそうで一緒にプレーをしていました。

プロバスケ選手

ギャビン・エドワーズは2010年のNBAドラフトで候補選手として上がりましたが、選出はされませんでした。

その後はNBAサマーリーグへの参加、NBAの下部リーグ、ギリシャでのプレー経験があります。

日本での活躍

Bリーガーとして

ギャビン・エドワーズは2013年から日本でのバスケキャリアをスタートさせました。

 

シーホース三河で4年間プレーした後は、千葉ジェッツでプレーをしています。

2021-22シーズンも千葉ジェッツでのプレーが確定し、これで千葉ジェッツ5年目のシーズンです。

2020-21シーズンの千葉ジェッツBリーグチャンピオンの立役者にもなった選手です。

 

千葉ジェッツでの活躍(スタッツ)を見ていきましょう。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% 2P% FG% FT% TRB
2017-18 59/60 29.0分 18.1点 25.7% 62.9% 61.0% 64.4% 7.7回
2018-19 59/59 27.5分 13.8点 41.4% 58.2% 56.4% 61.4% 7.9回
2019-20 31/31 29.8分 17.7点 43.4% 60.5% 58.0% 63.6% 8.3回
2020-21 26/53 25.9分 12.8点 42.3% 67.2% 62.3% 74.5% 6.1回

出典:Basketballnavi.DB

 

出場試合数、スタメン出場試合数、平均出場時間を見ても主力級の活躍を見せています。

 

千葉ジェッツは日本人選手・外国籍選手ともに選手層が厚いチームです。

そんな中で、ギャビン・エドワーズは欠かせない存在をなっています。

 

近年は、3Pの精度が好調です。試投数はそこまで多くないものの、フリーの状態であれば躊躇なく打つ姿も見られます。

そして、シーズン通して、3P%が40%を超えるビックマンは相手チームからも驚異的な存在です。

帰化選手/日本代表として

ギャビン・エドワーズは2020年1月に日本国籍を取得し、帰化選手となりました。

これにより、Bリーグでは帰化選手枠としての出場が可能になり、千葉ジェッツにとって大幅な戦力アップとなりました。

関連記事

  Bリーグは外国人何人まで出れる? オンザコートルールについて知りたい! そんな疑問に答えていきます。 Bリーグの試合では多くの外国人選手が活躍しています。 しかし、その外国人選手の出場人[…]

 

また、日本代表には帰化選手が1人まで入ることができますが、2021年の東京オリンピックで初めて日本代表に選出されました。

特徴・プレースタイル

ギャビン・エドワーズの特徴は次の2つです。

  • 献身的かつ安定感のあるプレー
  • 走れるビックマン

献身的かつ安定感のあるプレー

ギャビン・エドワーズは着実に得点を重ねる選手ではありますが、決して華やかなプレーをする選手ではありません。

チームメイトを活かすためにスクリーンをかける姿、インサイドで体を張ったプレーをする姿と献身的なプレーが多いです。

 

チームにとって最善の攻撃方法を選択し、自分で得点する場面では確実に得点を決めています。

シュートの決定率にも波はなく、ターンオーバーなどのミスが少ない安定感抜群の選手なのです。

走れるビックマン

ギャビン・エドワーズは206cm、110kgと身長も高く、フィジカルも強い選手でありますが、常にコートを走り回っています。

 

千葉ジェッツはトランジション(攻守の切り替え)が早いチームです。

ギャビン・エドワーズもディフェンスリバウンドを取った後は、チームオフェンスに参加するために、すぐに前線に走り出します。

 

Bリーグでプレーをしている外国籍選手の中でもここまで機動力のある選手はなかなかいません。

このプレースタイルが千葉ジェッツのオフェンススタイルとマッチしますし、ギャビン・エドワーズがいるからこそ千葉ジェッツが強い要因にもなっています。

 

そして、この特徴があるからこそ日本代表にも選出されました。

 

世界を見れば、ギャビン・エドワーズはビックマンとは言えません。

彼ほどの身長であれば、スピードやシュート力も求められるのが世界基準です。

ただ大きいだけではなく、走れるからこそ世界でも戦いえるのです。それがギャビン・エドワーズです。

結婚は?妻と子供は?

この投稿をInstagramで見る

Gavin Edwards(@gavinedwards21)がシェアした投稿

愛嬌のある姿で人気のあるギャビン・エドワーズ。

結婚しているか気になる方も多いのではないでしょうか?

 

ギャビン・エドワーズは結婚しています。

 

美人な奥さんと可愛いお子さんが2人(男の子と女の子)います。

これからも幸せな家庭を築いて欲しいですね。

ギャビン・エドワーズ【まとめ】

この記事では日本国籍を持つギャビン・エドワーズについて紹介しました。

東京オリンピック日本代表にも選出されています。

これからも日本バスケを引っ張る存在になることは間違いないでしょう。

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!