【バスケ】走れるビックマンによる豪快なブロックが特徴のジョーダン・ヒースを徹底紹介!

  • ジョーダン・ヒースについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

こんなに走れるビックマンがいるのか?と思わせてくれるジョーダン・ヒース。

海外経験も豊富でチームへの貢献度がかなり高い選手です。

これからも川崎の躍進を支える選手であることは間違えないでしょう。

筆者
バスケ歴15年の私が、そんなジョーダン・ヒースのすごさを紹介します!

この記事を読むことでジョーダン・ヒースの大学・海外・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイルについて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

NAME Jordan Heath
生年月日 1991年8月20日
出身地 アメリカ合衆国
高校 Irondequoit High School
大学 カニシャス大学
身長 208cm
体重 109kg
ポジション PF/C

<プロキャリア>

2014-15 Kangoeroes Basket Mechelen(ベルギー)
2015-16 Proximus Spirou(ベルギー)
2016-17 BBC Monthey-Chablais(スイス)
2017-18 Limburg United(ベルギー)
2018-19 Alba Fehervar(ハンガリー)
2019-現在 川崎ブレイブサンダース

Bリーグまでの歩み

高校・大学時代

ジョーダン・ヒース(以後ヒース)はアメリカ、ニューヨーク州にあるアイロンデコイトハイスクールに進学します。

 

そして大学はカニシャス大学に進学します。

カニシャス大学はNCAAのディビジョン1に所属する大学です。

ヒースは大学時代からすでに208cmの身長があり、チームの主力のセンタープレイヤーとして活躍をしていました。

さらには、センタープレイヤーながらもスリーポイントを積極的に放つ選手でもありました。

海外でのプロ生活

ヒースはBリーグに来る前は数々のヨーロッパリーグのチームを渡り歩いてきました。

ヒースが今までプレーした国は下記の3カ国です。

  • ベルギー
  • スイス
  • ハンガリー

それぞれのチームで主力として活躍をしてきた実績のある選手です。

 

ヒースがヨーロッパのリーグで残したスタッツはこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2014-15 33.8分 15.6点 33.7% 52.5% 6.9回 1.4回 0.6回 1.1回
2015-16 21.8分 9.0点 50.0% 57.6% 5.4回 1.0回 0.5回 0.6回
2016-17 30.2分 15.9点 30.2% 52.0% 9.5回 1.7回 0.8回 0.9回
2017-18 24.7分 11.3点 31.3% 48.4% 6.4回 1.1回 1.0回 0.9回
2018-19 25.2分 11.5点 33.0% 50.8% 7.1回 0.9回 1.2回 1.0回

出典:PROBALLERS BASKETBALL STATS

 

どのシーズンも十分な出場時間(MP)を確保してきた選手であることが分かりますね。

さらに、ほとんどのシーズンで平均得点(PTS)2桁を記録していることから、ヒースはどのチームでも欠かせない存在として活躍していたことは明らかです。

Bリーグでの活躍

ヒースは28歳の時(2019-20シーズン)に来日し、川崎ブレイブサンダースでBリーグキャリアをスタートさせます。

今シーズンで川崎3シーズン目のシーズンを迎えます。

川崎に加入以来、川崎の「ビックラインナップ」の一員として、チームを常勝チームへと導いています。

 

ヒースがBリーグで残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2019-20 30/38 29.7分 14.1点 47.1% 61.9% 8.5回 1.5回 1.5回 1.1回
2020-21 29/44 26.2分 10.7点 34.6% 54.4% 6.9回 1.4回 1.0回 0.8回

出典:Basketballnavi.DB

 

ヒースは過去2シーズンの出場時間(MP)は30分弱と、今の川崎には不可欠な存在となっています。

さらに、スリーポイントの試投数は多くないものの、精度(3P%)は高い数字を残しています。

 

特徴的なスタッツとしてはブロック数(BLK)でしょう。

2019-20シーズンでは、ブロック王を受賞しています。(1試合平均1.5ブロック)

川崎には、攻撃力も身長も共に高い選手が3人います。その3人が同時にコートに立つことをファンの間では「ビックラインナップ」と呼ばれたりしています。

そのビックラインナップのメンバーは、ジョーダン・ヒース(208cm)、ニック・ファジーカス(207cm)、パブロ・アギラール(203cm)のこと。

特徴・性格

ヒースの特徴は次の2つです。

  • どこからも伸びてくる長い手
  • 攻撃力のある走れるビックマン

どこからも伸びてくる長い手

繰り返しの紹介になりますが、ヒースは2019-20シーズンにブロック王を受賞しています。(2020-21シーズンも同様の数字を残すもブロック王にはならず)

ヒースは身長も高く(208cm)、ウイングスパンも長い選手です。

 

さらに、走力もある選手で軽快な動きをします。

相手がレイアップなど、ゴール下でシュートを打とうとすると、どこからとヒースの手が伸びてくるのです。

これまで、ヒースの豪快なブロックで会場がどよめくというシーンは何度もありました。

筆者
1試合で1回〜2回はブロックする選手です。川崎の試合を見る時はヒースのブロックに注目してみてください。

ヒースのブロックをまとめた動画はこちら。

攻撃力のある走れるビックマン

ヒースはコート上を縦横無尽に走り回る選手です。

しかも、身長は208cm。

走れるビックマンとして非常に驚異な存在となっています。

 

ディフェンスからオフェンスへ変わった後の速攻を率いている姿はよく見られます。

身長が大きくフィジカルが強い外国籍選手も多い中、ヒースは高さをスピードで勝負する選手です。

筆者
走れるビックマンであるヒースは、確実に川崎の躍進に貢献しているでしょう。

まとめ

この記事では走れるビックマンとして活躍をするジョーダン・ヒースについて紹介しました。

さらには、身長の高さとウイングスパンの長さを活かし、ブロックも量産します。

ファンを興奮させるプレーの連続です。

これからも期待して応援していきましょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!