【バスケ】ジョシュ・スコットの大学や海外での活躍やプレースタイルを徹底紹介!

  • ジョシュ・スコットについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

攻守にわたりゴール下を制圧するジョシュ・スコット

力強さと俊敏さ、テクニックで得点を量産します。

そして、デイフェンス力も高く、宇都宮の強固なディフェンスの生命線のような存在です。

筆者
バスケ歴15年の私が、そんなジョシュ・スコットのすごさを紹介します!

この記事を読むことでジョシュ・スコットの大学・海外・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイルについて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

NAME Josh Scott
生年月日 1993年7月13日
出身地 アメリカ合衆国
高校 ルイス・パーマー高校
大学 コロラド大学
身長 210cm
体重 114kg
ポジション PF/C

<プロキャリア>

2016-17 MZT Skopje(北マケドニア)
2017-18 島根スサノオマジック
2018-20 琉球ゴールデンキングス
2020-現在 宇都宮ブレックス

Bリーグまでの歩み

高校・大学時代

ジョシュ・スコット(以後スコット)は、アメリカ、コロラド州モニュメントにあるルイス・パーマー高校に進学しました。

 

大学は、コロラド州ボールダーにあるコロラド大学に進学します。

この大学はNCAAのディビジョン1に所属する大学です。

 

スコットは、この大学4年間通算で、「1709得点、974リバウンド、162ブロック」を記録しています。

これらの記録は歴代のコロラド大学の中でも上位の記録として残っています。

 

スコットが大学4年間で残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2012-13 30/31 28.2分 10.3点 100% 48.6% 5.7回 0.8回 0.6回 0.5回
2013-14 34/35 31.6分 14.1点 0% 51.1% 8.4回 1.1回 0.6回 0.8回
2014-15 25/26 30.8分 14.5点 25.0% 54.4% 8.4回 1.8回 1.1回 0.7回
2015-16 31/32 30.6分 16.3点 33.3% 53.1% 8.8回 1.6回 1.8回 0.6回

出典:https://www.sports-reference.com/cbb/

 

大学1年の時から、スコットはチームの主力として活躍をしていたのが分かりますね。

しかも、4年間を通してその活躍を続けています。

スリーポイントを試投することはほとんどなく、基本的にはインサイドプレーを中心としたセンターポジションをこなしていました。

 

2年以降は、平均リバウンド数(TRB)が8本を超えるという素晴らしいスタッツも残しています。

こうして、スコットはコロラド大学のインサイドに4年間君臨していた選手です。

大学時代のプレー動画がこちら。

海外でのプロ生活

大学卒業後、スコットは、北マケドニアのMZT Skopjeと契約を交わし、プロバスケ生活をスタートさせます。

このチームでは1年間プレーをしました。

 

スコットの北マケドニアでのプレー動画がこちら。

Bリーグでの活躍

スコットは、24歳(2017-18シーズン)の時に来日し、まずは島根スサノオマジックと契約を交わします。

島根で1年間プレーした後は、琉球に移籍をします。琉球では2年間プレーをして、その後、宇都宮に移籍をします。

今シーズンで宇都宮は2年目となります。

 

スコットがBリーグで残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2017-18(島根) 48/48 28.2分 18.1点 0.0% 51.7% 10.8回 1.1回 2.3回 0.9回
2018-19(琉球) 27/27 31.9分 17.1点 50.0% 62.8% 9.0回 0.8回 1.6回 0.8回
2019-20(琉球) 4/4 33.8分 20.0点 0.0% 56.0% 12.8回 1.2回 1.5回 0.8回
2020-21(宇都宮) 57/59 23.2分 11.8点 0.0% 63.1% 8.3回 1.3回 1.0回 0.7回

出典:Basketballnavi.DB

 

どのシーズンを見ても、平均出場時間(MP)、平均得点(PTS)、平均リバウンド(TRB)で素晴らしいスタッツを残しています。

2017-18、2019-20シーズンに関して言えば、シーズン平均ダブルダブル(得点とリバウンド)を記録しました。

2種類のスタッツで2桁の数字を残すこと。一般的なダブルダブルは得点とリバウンド数で2桁の数字を残すこと。

Bリーグでのプレー動画がこちら。

特徴・性格

スコットの特徴は次の2つです。

  • インサイド攻撃がとにかく強い
  • ゴール下に君臨する番人

インサイド攻撃がとにかく強い

スコットは、とにかくインサイドの攻撃が強い選手です。

身長210cmの高さと、体重114kgの力強さを活かしてゴール下での得点を量産します。

 

また、リバウンドの強さもあり、オフェンスリバウンドをとり、セカンドチャンスからの得点も多いです。

さらに、ミドルレンジからのドライブや俊敏なステップ、テクニックによりディフェンスを抜き去ることもできます。

このように、ミドルレンジからゴール下までの間でなんでもできるスコットは非常に脅威な存在なのです。

筆者
スコットのゴール下での力強さと俊敏さに注目してみましょう!

ゴール下に君臨する番人

スコットはオフェンス時だけでなく、ディフェンス時もゴール下で躍動します。

強靭な肉体を活かし、相手の力の強いセンタープレイヤーも、必死に守り抜きます。

また、強烈なブロックを見せることがあります。

スコットであれば、ゴール下は任せられるという安心感があることは、宇都宮の強固なディフェンスの生命線なのかもしれません。

まとめ

この記事では力強さと俊敏さ、テクニックを兼ね備えたジョシュ・スコットについて紹介しました。

ミドルレンジからゴール下は完全にスコットのテリトリーです。

強豪宇都宮にとって、攻守にわたり欠かせない選手であることは間違いないでしょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!