NBAチャンピオン経験あり!ジェームズ・マカドゥーを徹底紹介!

  • ジェームズ・マカドゥーをもっと知りたい!
  • NBAチャンピオン経験ありって本当?

そんな疑問に答えます。

2度のNBAチャンピオン経験のあるジェームズ・マカドゥー(以後マカドゥー)です。

そんな華やかな経歴を持つマカドゥーを気になる人も多いのではないでしょうか?

筆者
バスケ歴15年の私が、そのマカドゥーのすごさを紹介しますよ!

この記事を読むことで、マカドゥーのNBAでの活躍や功績、Bリーグの活躍、プレースタイル、強みが分かります。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1993年11月4日
出身地 アメリカ合衆国
大学 ノースカロライナ大学
身長 206cm
体重 104kg
ポジション PF/C

<プロキャリア>

2014-17 ゴールデンステート・ウォリアーズ(NBA)
2017-18 フィラデルフィア・76ers(NBA)
2018-19 フィアット・アウクシリウム・トリノ(イタリア セリエA)
2019-20 ベシクタシュJ.K.損保ジャパン・イスタンブール(トルコ BSL)
KKパルティザンNISベオグラード(セルビア ABA)
2020-現在 サンロッカーズ渋谷

Bリーグの前は?

マカドゥーは来日前、NBAやヨーロッパリーグでプレーをしていました。順に見ていきましょう。

 

マカドゥーはアメリカ出身の選手で、大学時代はノースカロライナ大学の中心選手として活躍をしていました。

3年生を終えた段階でNBAドラフト(2014)にアーリーエントリーしていますが、指名はされていません。

 

その後はNBAのゴールデンステート・ウォリアーズ(以後ウォリアーズ)のメンバーとしてNBAサマーリーグに参加します。

開幕ロスター入りを目指すも、それも叶わずウォリアーズ傘下のGリーグでプレーすることになります。

 

それでもNBA入りを目指すマカドゥーは、2014-15シーズンにウォリアーズと2年契約を交わしNBAデビューを果たします。

この時代はちょうどウォリアーズの黄金期でした。

マカドゥーが所属していた2014-15シーズンと2016-17シーズンでNBAチャンピオンとなっています。

つまりマカドゥーは2度もNBAチャンピオンを経験している選手なのです。

 

2016-17シーズンは52試合に出場し、パワーフォワードやセンターポジションとしての献身的なプレーにより常勝軍団を支える活躍をしていました。

 

その後、2017-18シーズンはフィラデルフィア・76ersにと契約を交わしますが、出場機会はほとんど与えられませんでした。

 

また、2018年からはヨーロッパリーグで2シーズンプレーをしています。

Bリーグでの活躍

マカドゥーは2021-22シーズンで来日2年目、サンロッカーズ渋谷2年目となります。

Bリーグ1年目のスタッツをみていきましょう。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/S MP PTS FG% TRB AST STL
2020-21 5/49 20.7分 10.6点 57.0% 6.2回 1.3回 1.3回

出典:Basketballnavi.DB

 

マカドゥーはべンチからの出場が多い選手です。(これはNBAでも同様でした。)

ベンチ出場でありながらも、平均出場時間は20.7分、平均得点は10.6点の活躍を見せています。

 

また、マカドゥーはスタッツに残らない部分での貢献も多い選手です。

例えば、オフェンス時のスクリーンやディフェンスでの貢献です。

このスタイルは、NBAチャンピオンになった時から変わっていません。

爆発的な得点力や派手なパフォーマンスは少ないですが、縁の下の力持ちのようにチームに貢献しています。

マカドゥーのBリーグハイライト動画はこちら。

特徴・性格

マカドゥーの特徴は次の3つです。

  • 豪快なダンク
  • チームを助ける献身的なプレイヤー
  • 2度のNBAチャンピオン

豪快なダンク

マカドゥーは時に豪快なダンクを決めることがあります。

Bリーグの中でも彼ほどの豪快なダンクを見せる選手はあまりいません。

ディフェンスがいても、ディフェンスの頭越しからダンクを決めることもあります。

NBA級のド派手なダンクを観たい人はぜひマカドゥーに注目してみてください。

チームを助ける献身的なプレイヤー

これまでも紹介しましたが、マカドゥーは派手に点をたくさん取る選手ではありません。

オフェンス時のスクリーンやディフェンス時のスティール、リバウンドの面での活躍が多いです。

スタッツに残らない活躍も多くしています。

 

NBA時代からもこのような縁の下の力持ちのようなプレイヤーでした。

サンロッカーズ渋谷にとって必要不可欠な選手になっていることでしょう。

2度のNBAチャンピオン

前述していますが、マカドゥーは2度のNBAチャンピオン経験があります。

ウォーリアーズに所属していた時の2014-15シーズン、2016-17シーズンでNBAチャンピオンとなっています。

NBA選手のみんなが憧れるチャンピオンリングをを若手のうちに2つも獲得しています。

どんなスーパースターでも一度もチャンピオンになれないことがざらにある中、素晴らしい経験をしています。

まとめ

この記事ではNBAチャンピオン経験が2度もあるマカドゥーについて紹介しました。

豪快なダンクも見せることはありますが、献身的なプレーをすることがほとんどです。

サンロッカーズ渋谷に欠かせない選手となっています。

これからも期待して応援していきましょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!