日本代表経験も!ニック・ファジーカスの経歴から妻や子供など徹底紹介!

  • 日本代表のニックファジーカスについて知りたい!
  • 帰化選手なの?
  • プレイスタイルを教えて!
そんな疑問に答えます。
日本バスケ界の救世主と呼ばれているニック・ファジーカスです。
どのようにして日本バスケ界の救世主になったのか知らない方も多いのではないでしょうか。

 

バスケ歴15年、初年度からBリーグを応援している私が、ファジーカスのプロバスケキャリアからプライベートまで全てを紹介します
最後まで読むことで、ファジーカスのことをより知れ、次回見る時は少し違った見え方がするかもしれません!
  • NBAやヨーロッパでのプロキャリア
  • Bリーグでの活躍
  • 特徴と正確について
  • 妻は?子供は?
  • 自身の自叙伝(本)について

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1985年6月17日
出身地 アメリカ合衆国
大学 ネバダ大学
身長 207cm
体重 114kg
ポジション C/PF

<プロキャリア>

2007-08 ダラス・マーベリックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
2008-09 ベースオーステンデ(ベルギー)
2009 ASVEL(フランス)
2009-10 JDAディジョン(フランス)
2010-11 リノ・ビッグホーンズ(NBADL)
2012 ペトローン・ブレーズ・ブースターズ(フィリピン)
サン・ミゲル・ビアーメン(アセアンリーグ)
2012-現在 川崎ブレイブサンダース

プロキャリア

元NBA選手で様々な経歴を持つ

ファジーカスは元NBA選手です。

2007年のNBAドラフト2巡でダラス・マーベリックスに指名されました。

 

NBA選手としてチームと契約したのは1年間です。

その後は、NBAサマーリーグの参加や、ヨーロッパリーグでプレーをしていました。

そして、2012年から現在まで川崎ブレイブサンダースでプレーをしています。

帰化選手へ

2018年にファジーカスは帰化選手となりました。

 

これにより、バスケ日本代表にも選出されるようになり、日本代表として活躍し始めます。

そして、日本のワールドカップ予選突破に貢献します。

2019年のワールドカップ中国大会では日本代表として母国のアメリカとも対戦しています。

Bリーグでの活躍

まずは、ここ3シーズンのBリーグでのスタッツを紹介します。

※右にスクロールできます。

シーズン G PTS 3P% FG% FT% TRB AST
2018-19 57 22.3 38.8 51.6 86.2 10.9 3.1
2019-20 40 23.2 41.9 51.4 83.1 11.0 3.7
2020-21 56 20.7 44.3 53.4 84.8 9.7 3.7

出典:Basketballnavi.DB

 

皆さん、このスタッツを見てどう思いますか?
恐ろしいほどの活躍をしていますね。
まず、わかりやすいスタッツから取り上げると、シーズン通して平均得点が20点オーバーとリバウンドは約10本です。
次に、3P%・FG%・FT%もかなり高いですね。
まさに精密機械と言われるほどのシュート力です。。
207cmと高さのあるファジーカスがスリーポイントも高確率で決めるのです。
よく対戦相手からは「チート」と言われたりもします。
スタッツから見てもBリーグトップクラスの活躍を毎シーズンしていることが分かりますね。

日本代表としての活躍

前述していますが、帰化選手となったファジーカスは日本代表にも選出されたこともあります。

 

日本バスケの救世主が突如現れたのです。

 

それは、日本がワールドカップアジア予選で4連敗でしている最中でした。

次の試合のオーストラリア戦に敗れればワールドカップどころか東京オリンピックも危ぶまれる状況でした。

そのオーストラリア戦で初めてファジーカスが選出されます。

その時、さらに八村塁も初選出されています。

 

この2人の加入により、日本は過去に勝利したことのない強豪オーストラリアを倒したのです。

その後の日本の快進撃が続き、ワールドカップと東京オリンピックへの出場権を獲得しました。

 

ファジーカスは八村塁と共に、日本バスケ界を救った救世主だったのです。

特徴・性格

ファジーカスの特徴は次の2つです。

  • 正確無比なシュート力
  • 日本が大好き

正確無比なシュート力

ファジーカスは派手なダンクシュートはしません。

ただ、淡々と得点を量産します。

そして、その得点方法は多彩です。

 

インサイドでのディフェンスの頭越しからのフックシュート、ブロックをかわすフローターシュート、フェイダーウェイシュート、そして高身長から放たれるスリーポイントシュートと、どこからでも得点が取れます。

 

そして、どのシュートも高確率です。

正確無比なシュートこそがファジーカスの1番の強みです。

日本が大好き

プロバスケ選手としては、今までアメリカやベルギー、フランス、フィリピンなど多くの国でプレーをしてきました。

 

その中で最も長い間プロ生活を送っているのはもちろん日本です。

日本に帰化するくらいですから、完全に日本での生活を好んでいます。

 

あるインタビューでも、「日本の温かい心と穏やかな性格が好きになった」と語っています。

これからもこの大好きな日本で生活していくのではないでしょうか。

その他耳寄り情報

嫁は?子供は?

ニック・ファジーカスはすでに結婚しています。

お相手は同じネバダ大学の同級生であるステファニーさんです。

ステファニーさんは元水泳選手だったそうです。

 

そして、可愛いお子さんも2人います。

名前は、ハドソン・海渡(カイト)・ファジーカスくんと希子(きこ)ちゃんです。

チームメイトの辻選手のインスタグラムには赤ちゃんを抱えたファジーカス選手があげられています。

可愛らしいですね。

ちなみに、海渡くんはかなり大きいそうです。

ファジーカスを超える大きさになる日もあるかもしれませんね。しっかりお父さんのDNAを引き継いでいます。

 

また、ファジーカス選手は家に帰れば育児を手伝うイクメンです。

プライベートも楽しそうなファジーカスです。

自身の自叙伝の本

日本でのプレー経歴も長いファジーカス。

日本代表となり日本バスケを盛り上げました。

そんなファジーカスが歩んできたバスケ人生が一冊に詰まった本があります。

 

タイトルは「決断 バスケットボール 背番号22の軌跡」です。

 

輝かしい功績を残しているファジーカスですが、その道のりは平坦ではありませんでした。

是非、バスケと共にいきたファジーカス選手の34年を振り返る自叙伝を手に取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、Bリーグで活躍する帰化選手であるニック・ファジーカスについて紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

日本バスケ界を明るくしてくれた選手です。

そして、ファジーカスはそんな日本が大好きです。

これからもファジーカスから目を離さず注目していきましょう!

最新情報をチェックしよう!