Bリーグ得点王経験も!広島のニック・メイヨのすごさをスタッツを交えて徹底紹介!

  • ニック・メイヨについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

アメリカの大学卒業後に、Bリーグに来た若きエースのニック・メイヨ。

オールラウンドなプレーと世界レベルのテクニックを見せる選手です。

これからもBリーグを引っ張る選手であることは間違えないでしょう。

筆者
バスケ歴の長い私が、そんなニック・メイヨのすごさを紹介します!

 

この記事を読むことでニック・メイヨの大学・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイルについて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

PR

プロフィール

<プロフィール>

NAME Nick Mayo
生年月日 1997年8月18日
出身地 アメリカ合衆国
高校 メサロンスキー高校
大学 イースタンケンタッキー大学
身長 206cm
体重 113kg
ポジション PF/C

<プロキャリア>

2019-20 千葉ジェッツ
2020-21 レバンガ北海道
2021-現在 広島ドラゴンフライズ

Bリーグまでの歩み

高校・大学時代

ニック・メイヨ(以後メイヨ)は、アメリカ、メイン州オークランドにあるメサロンスキー高校に進学します。

 

大学は、アメリカ、ケンタッキー州リッチモンドにあるイースタンケンタッキー大学に進学しました。

この大学はNCAAのディビジョン1に所属している大学です。

そして、メイヨは1年時からスタメンとして活躍をしていました。

さらに、4年連続でカンファレンス(オハイオバレー)のベスト5に選ばれる功績も残しています。

 

メイヨがイースタンケンタッキー大学の4年間で残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2015-16 31/31 29.8分 14.5点 55.6% 60.7% 4.9回 1.1回 1.1回 0.6回
2016-17 31/31 35.2分 18.5点 39.0% 50.4% 6.5回 1.4回 2.8回 0.9回
2017-18 31/31 34.3分 18.0点 44.6% 52.6% 6.7回 1.5回 2.2回 0.8回
2018-19 30/31 34.8分 23.7点 33.1% 46.2% 8.7回 1.8回 2.3回 1.2回

出典:Sports Reference

 

1年次からスタメン出場しているだけでもすごいことですが、メイヨは大学4年間で着実に成長していることがスタッツからも見てとれます。

例えば、平均得点(PTS)です。年々、平均得点が増加していますね。

 

また、身長が大きくセンターポジションもこなすメイヨでしたが、スリーポイントも得意な選手でした。

スリーポイント試投数は、学年を重ねるごとに増え、スリーポイント確率(3P%)は、30〜40%超えのスタッツを残しています。

 

メイヨの大学時代のプレー動画がこちら。

海外でのプロ生活

実は、メイヨは海外のプロバスケ経験はありません

大学4年時の2019NBAドラフトに表明しましたが、指名されずに終わりました。

その後、マイアミ・ヒートの一員としてNBAサマーリーグに参加するもNBA入りは果たせていません。

 

そこで、メイヨにアプローチをかけたのがBリーグの千葉ジェッツです。

海外のプロバスケリーグで活躍を見せる選手をBリーグに引き入れるパターンがほとんどですが、メイヨの場合はBリーグでプロバスケ生活をスタートさせた外国籍選手なのです。

Bリーグでの活躍

メイヨは、22歳(2019-20シーズン)の時に千葉ジェッツと契約を交わし、プロバスケ選手生活をスタートさせます。

千葉で1年プレーした後は、北海道に移籍します。

そして、2020-21シーズンはB1レギュラーシーズンの得点王を受賞しています。

2021-22シーズンからは広島でプレーをしています。

 

メイヨがBリーグで残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2019-20(千葉) 6/19 24.4分 14.6点 33.3% 50.7% 5.6回 0.9回 0.9回 1.1回
2020-21(北海道) 55/55 33.6分 21.5点 41.8% 53.0% 8.0回 0.7回 2.2回 0.9回
2021-22(広島) 57/57 31.1分 16.1点 42.1% 51.0% 5.9回 0.6回 3.4回 0.9回

出典:Basketballnavi.DB

 

2019-20シーズンはコロナウイルスによるシーズン中断もあり、出場機会も限られましたが、強豪千葉の得点源として活躍をしていました。

2020-21シーズンは、平均得点(PTS)21.5点、スリーポイント確率(3P%)41.8%を記録しており、このシーズンのBリーグ得点王を受賞しています。

 

なお、スリーポイント成功率も高く、センターポジションをこなしながらも、スリーポイントも得意とする選手です。

筆者
このように、メイヨはどこからでも得点が取れる選手なのです。
  1. ニック・メイヨ(北海道):21.5点
  2. ライアン・ケリー(渋谷):21.1点
  3. ジョーダン・ハミルトン(滋賀):20.9点

 

メイヨのBリーグでのプレー動画はこちら。

特徴・性格

メイヨの特徴は次の2つです。

  • 生粋のオールラウンダープレイヤー
  • 高度なプレーも連発

生粋のオールラウンダープレイヤー

メイヨの1番の特徴といえば、「オールラウンダー」であることでしょう。

身長206cm、体重113kgと恵まれた体格を生かして、フォーワードからセンターポジションまでこなします。

 

さらには、シュート能力も高く、確率の高いミドルシュートやスリーポイントも武器の選手です。

そして、ドライブでの突破力も高く、1人でディフェンスを打開し、得点を取ることができる選手です。

筆者
まさに、どのチームからも恐れられているチームの絶対的エースなのです!

高度なプレーも連発

メイヨが得点を量産する背景には、巧みなオフェンスセンスがあるからです。

彼は、高度なプレー(いわゆるハイライト等に取り上げられるプレー)を見せることが多いです。

 

例えば、次のようなプレーを試合中に見せます。

  • ターンアラウンドからの得点
  • ターンアラウンドからのフェーダーウェイシュート
  • バックハンドダンク
  • アリウープダンク

 

これらのプレーは普通のプロバスケ選手でも簡単にできることではなく、試合中になかなか見られるものでもありません。

ですが、彼の出場する試合では、これらのプレーを何度も見られます。

筆者
ぜひ、メイヨのプレーを見る時には、こういった世界レベルのプレーに注目してみてください!

まとめ

この記事では世界レベルのプレーをBリーグで見せるニック・メイヨについて紹介しました。

どこからでも得点できるオールラウンドな選手です。

アメリカの大学卒業後にBリーグに来た若きエースは、これからもBリーグを盛り上げてくれるでしょう!

期待して応援していきましょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PR
最新情報をチェックしよう!