ポテンシャルが計り知れない!リード・トラビスのすごさを徹底紹介!

  • リード・トラビスについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

未だポテンシャルの高さが計り知れないリード・トラビス。

力強いインサイドに加え、アウトサイドも強化中です。

彼の予想もできないプレーには自然と注目が集まるでしょう!

筆者
バスケ歴15年の私が、そんなリード・トラビスのすごさを紹介します!

この記事を読むことでリード・トラビスの大学・海外・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイルについて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

NAME Reid Travis
生年月日 1995年11月25日
出身地 アメリカ合衆国
高校 DeLaSalle High School
大学 スタンフォード大学
ケンタッキー大学
身長 203cm
体重 111kg
ポジション PF

<プロキャリア>

2019-20 Medi Bayreuth(ドイツ)
2020-現在 島根スサノオマジック

Bリーグまでの歩み

高校・大学時代

リード・トラビス(以後トラビス)は、生まれ故郷であるアメリカ、ミネソタ州ミネアポリスにあるデラサルハイスクールに進学します。

その後、大学は、アメリカ、カリフォルニア州スタンフォードにあるスタンフォード大学に進学しました。

 

トラビスは、大学では自身の体の強さを活かし、インサイドで得点とリバウンドを量産していた選手でした。

そして、スタンフォード大学では4年間プレーした後、NBAドラフトへの表明はすることなく、ケンタッキー大学へ移籍をします。

ケンタッキー大学では1シーズンプレーをしました。

 

ケンタッキー大学時代のプレー動画がこちら。

海外でのプロ生活

ケンタッキー大学で1年過ごした後に、2019NBAドラフトに表明しますが、ドラフトはされませんでした。

その後、アトランタ・ホークスのメンバーとして、NBAサマーリーグに参加しました。

 

結局、2019-20シーズンは、ドイツで最もレベルの高いリーグに所属しているmedi bayreuthと契約を結び、プロバスケ生活をスタートさせます。

ドイツリーグで残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン MP PTS 3P% FG% TRB AST STL
2020-21 20.3分 10.0点 14.3% 51.1% 5.3回 0.3回 0.6回

出典:PROBALLERS BASKETBALL STATS

 

ドイツのリーグでも、持ち前のインサイドの強さを活かしたプレーでチームの主力として活躍をしていました。

ドイツリーグでのプレー動画がこちら。

Bリーグでの活躍

トラビスは、25歳の時(2020-21シーズン)に来日し、島根スサノオマジックでプレーをしています。

Bリーグでも持ち味のインサイドでの力強さは健在です。

ゴール下での得点やリバウンドを量産しています。

 

トラビスがBリーグで残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB AST STL
2020-21 39/42 27.7分 16.9点 26.3% 49.3% 7.6回 1.2回 0.7回

出典:Basketballnavi.DB

 

スタッツを見ても、トラビスは島根の主力であり、欠かせない選手であることが明らかでしょう。

平均試合出場時間(MP)は27.7分、平均得点(PTS)は16.9点、平均リバウンド数(TRB)は7.6回を記録しています。

 

また、インサイド中心のプレイヤーでもありますが、アウトサイドシュートも地味に得意な選手です。

2020-21シーズンのスリーポイント成功率(3P%)は、それほど伸びませんでしたが、今シーズンはスリーポイントの調子も上がっています。

筆者
まだまだ若い選手で、いろいろな面での成長が期待できる目の離せない選手でしょう。

特徴・性格

トラビスの特徴は次の2つです。

  • 力強いインサイド
  • アウトサイド攻撃も成長中

力強いインサイド

トラビスの一番の特徴は、力強いインサイド力でしょう。

身長203cmと外国籍選手の中では標準的ですが、体重は111kgもあります。

 

実際に、トラビスを見ると分かりますが、強靭な肉体というか、鋼のような肉体をしている選手です。

学生時代からインサイドでのプレーには自信を持っており、プロになってもインサイドの強さは健在です。

 

ディフェンスの強いプレッシャーを受けながらもゴールをねじ込むプレーや、激しいぶつかり合いの中でのリバウンドを獲る姿など、ひとつひとつのプレーに力強さを感じます。

筆者
Bリーグではゴール下で絶対的な活躍を見せるトラビスです!

アウトサイド攻撃も成長中

インサイドの強さがあるトラビスでしが、アウトサイドからの攻撃力も成長中です。

今シーズンはスリーポイントも積極的に狙うようになり、その成功率も悪くない数字を残しています。

 

現代バスケはセンタープレイヤーであってもアウトサイド力が求められる時代になっています。

その時代の流れにしっかりと合わせているトラビスです。

筆者
まだまだ若い選手なので、これからも様々な面で成長すると考えると、これからも目を離せない選手ですね!

まとめ

この記事では力強いインサイド力に加え、様々な面で成長を見せるリード・トラビスについて紹介しました。

ゴール下でのトラビスのプレーには力強さが感じられます。

また、スリーポイントシュートをしなやかなフォームで放つ姿も見られます。

これからの成長が期待でき、目の離せない選手であることは間違えないでしょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!