ライアン・ケリーの大学・NBA・Bリーグでの活躍を徹底紹介!

  • ライアンケリーについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

サンロッカーズ渋谷のエースで、どのチームからも恐れられているライアン・ケリーです。

NBAでプレーしていた時はコービー・ブライアントとチームメイトでした。

Bリーグを引っ張っている選手であることは間違えありません。

筆者
バスケ歴15年の私が、ライアン・ケリーのすごさを紹介しますよ!

この記事を読むことでライアン・ケリーの大学時代、NBA時代、Bリーグでの活躍、プレースタイル、強みについて分かります。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1991年4月9日
出身地 アメリカ合衆国
大学 デューク大学
身長 211cm
体重 104kg
ポジション SF/PF

<プロキャリア>

2013-16 ロサンゼルス・レイカーズ(NBA)
2016-17 アトランタ・ホークス(NBA)
2017-18 CBセビージャ(スペイン リーガACB1部)
2018-現在 サンロッカーズ渋谷

Bリーグまでは?

大学時代

大学はアメリカでも有名なデューク大学に進学しています。

1年生ではNCAAトーナメントを制覇して全米制覇を成し遂げました。

(NCAAトーナメントとはアメリカの大学バスケNo.1を決めるアメリカ中が注目する大会です。)

 

大学4年間のスタッツを紹介します。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS FG% 3P% TRB AST
2009-10 0/35 6.5分 1.2点 35.6% 26.3% 1.1回 0.4回
2010-11 27/37 20.1分 6.6点 51.6% 31.9% 3.7回 0.8回
2011-12 19/31 25.9分 11.8点 44.4% 40.8% 5.4回 1.1回
2012-13 23/23 28.9分 12.9点 45.3% 42.2% 5.3回 1.7回

出典:USRCBB

 

NCAAを制覇した1年生では出場時間が少なかったものの、2年生以降ではスタメン出場も増え出場時間が大幅に増えました。

3年、4年ではシーズン通して1試合あたりの得点が10得点を超えています。

また、スリーポイントは40%を超える数字を残しています!

筆者
大学時代から3Pが得意だったことが分かりますね!

大学時代のライアン・ケリーのプレー動画はこちら。

NBA

大学卒業後は、NBAドラフト(2013年)にてロサンゼルス・レイカーズ(以後レイカーズ)から48位指名を受けNBA選手となります。

レイカーズでは3シーズンプレーをしていました。

そして、今は亡きレジェンドのコービー・ブライアントともプレーしています。

 

2016-17シーズンはアトランタ・ホークスで1シーズン、2017-18シーズンはヨーロッパリーグのCBセビージャに所属していました。

NBA時代のライアン・ケリーのプレー動画はこちら。

Bリーグでの活躍

ライアン・ケリーは2018-19シーズンからサンロッカーズ渋谷でプレーをしています。

2021-22シーズンで渋谷4シーズン目となります。

Bリーグで残したスタッツを見ていきましょう。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% FT% TRB AST STL
2018-19 58/58 33.9分 20.1点 34.2% 47.1% 80.0% 10.2回 4.0回 1.2回
2019-20 29/29 32.2分 22.4点 36.9% 46.0% 82.3% 7.3回 3.8回 1.3回
2020-21 49/49 28.3分 21.1点 39.4% 49.6% 84.9% 5.4回 2.6回 1.1回

出典:Basketballnavi.DB

 

特徴的なスタッツは以下の通り。

  • 全試合でスタメン出場
  • 3シーズン通して平均得点20点オーバー
  • 40%近くの3P確率

スタッツから分かる通り、3シーズン通して出場する試合全てでスタメン出場しています。

そして、2P、3Pと全てのシュート精度が高い選手です。

 

近年はインサイドよりもアウトサイドでのプレーが増えている印象です。(チームメイトに強力なインサイドプレイヤーが増えたことも要因)

年を重ねるごとに出場時間は短くなっているものの、平均得点がそれほど変わらないことも分かります。

筆者
プレーの質が年々上がっている証拠ですね!

ライアン・ケリーのBリーグハイライトはこちら。

特徴・性格

ライアン・ケリーの特徴は次の2つです。

  • 絶対的エース
  • シュート精度が高い

絶対的エース

ライアン・ケリーはサンロッカーズ渋谷の絶対的エースです。

得点を量産します。

 

クラッチタイムではボールを保持することも多く、チームからも認められているエースです。

今まで何度も試合を決める最後の得点を決め、チームを勝利に導いたことがあります。

筆者
試合終盤になるとライアン・ケリーにボールが集まることを意識的に見てみてください!

シュート精度が高い

上記のスタッツで3P%、FG%、FT%の数字を見てみてください。

どのスタッツの確率もかなり高いです。3P%が40%近くの選手はなかなかいません。

 

3Pの試投数も多く、シーズンで約300本の3Pを試投しています。

これはBリーグNo.1シューターの金丸晃輔と同じくらいの試投数です。

 

2020-21シーズン3Pを300本以上試投した選手の3P%ランキング(上位6人)はこちらです。

  1. 金丸晃輔(307本試投、46.6%)
  2. DJ・ニュービル(323本試投、44.3%)
  3. ライアン・ケリー(312本試投、39.4%)
  4. トーマス・ケネディー(301本試投、38.5%)
  5. 富樫勇樹(364本試投、38.2%)
  6. ジュリアン・マブンガ(340本試投、36.8%)

上位2人の数字は異常なほどに高いですが、2人ともガードポジションに専念している選手です。

アウトサイドでもインサイドでもオールラウンドでプレーをするライアン・ケリーがこの順位であることから改めてライアン・ケリーの凄さが分かるでしょう。

筆者
シュート精度が高い絶対的エースのライアン・ケリーはどのチームからも驚異な存在となっています!

まとめ

この記事ではサンロッカーズ渋谷の絶対的エースのライアン・ケリーについて紹介しました。

シュート精度も高く、どこからでも得点できる選手で、どのチームからも恐れられています。

これからもBリーグを引っ張り続ける選手でしょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!