スピードスター齋藤拓実の高校大学時代の活躍やプレースタイルを徹底紹介!

Bリーグファン
  • 齋藤拓実についてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

コートを走り回るスピードスター齋藤拓実です。

スピード、アシスト、得点力の三拍子を兼ね備えた世代最強のPGです。

筆者
バスケ歴15年の私が、そんな齋藤拓実のすごさを紹介しますよ!

この記事を読むことで齋藤拓実の高校・大学時代・Bリーグの活躍、特徴、プレースタイルついて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1995年8月11日
出身地 神奈川県
中学校 川崎市立白鳥中学校中学校
高校 桐光学園高校
大学 明治大学
身長 172cm
体重 69kg
ポジション PG

<プロキャリア>

2017-19 アルバルク東京
2019-20 滋賀レイクスターズ
2020-現在 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

Bリーグまでの歩み

高校時代

齋藤拓実は桐光学園に進学します。

激戦区神奈川県の中でもよく全国大会に出場をしている高校です。

 

インターハイおよびウインターカップの最高成績は全国ベスト8で、実はこの記録は齋藤拓実は2年生(主力でプレー)の時に打ち立てた功績です。

齋藤拓実は、このウインターカップで4試合で26アシストを記録し、アシストが得意な選手であると全国に名を広げました。

(※彼のアシスト力の高さは後述で詳細に紹介しています。)

大学時代

Bリーグの試合など多くの試合の解説を務める塚本清彦さんをご存じだろうか?

齋藤拓実は高校時代に、当時明治大学のHCをしていた塚本さんに勧誘され明治大学に進学します。

 

しかし、その塚本HCは齋藤拓実が2年の時にチームを去ることになりました。

それ以来、本格的な指導者が明治大学を指揮することはなく、齋藤拓実の世代は毎年のように指導者が変わるという不運な環境でした。

それでも、チームメイトと協力しながらチームを作り上げ、PGとしてのスキルを向上させた大学時代でした。

Bリーグでの活躍

2017年にアルバルク東京に特別指定選手として加入します。

そして翌シーズンの2018-19シーズンもA東京でプレーをしています。

 

この2017年〜2019年の2年間でA東京はリーグ2連覇をしており、齋藤拓実のその中にいました。

ただ、齋藤拓実は十分に出場時間を得られていたわけではありません。

 

優勝というかけがえのない経験をしたものの、本人も納得のいくシーズンではなかったでしょう。

次の2019-20シーズンは出場時間を求め、滋賀にレンタル移籍をします。

 

ここで齋藤拓実がBリーグで残したスタッツを紹介します。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB AST STL
2017-18(A東京) 0/9 7.0分 2.0点 25.0% 42.9% 0.3回 0.8回 0.1回
2018-19(A東京) 0/28 11.6分 3.6点 29.6% 47.6% 1.0回 2.0回 0.5回
2019-20(滋賀) 41/41 25.6分 13.0点 42.9% 48.9% 2.5回 5.4回 1.1回
2020-21(名古屋D) 55/55 26.0分 12.5点 35.3% 50.1% 2.1回 5.6回 1.2回

出典:Basketballnavi.DB

 

A東京から滋賀へ移籍した齋藤拓実はすぐにスタメンの座を勝ち取ります。

全試合にスタメン出場し、出場時間25.6分、13.0得点、42.9%の3P確率、5.4回のアシストと本来の力を存分に発揮したシーズンとなりました。

 

その後は名古屋Dに移籍をします。

スタッツの通り、現在も世代最強のPGとしてBリーグを走り回っているのが齋藤拓実です。

特徴

齋藤拓実の特徴は次の3つです。

  • スピードスター
  • 世代最強のPG
  • 高い弧を描くフローター

スピードスター

齋藤拓実は身長172cm、体重69kgと小柄な選手ですがBリーグで活躍している選手です。

それはなぜか?

 

圧倒的なスピードを武器としたスピードスターだからです。

 

大学時代から、ぶっちぎりのスピードでディフェンスを置き去りにしてきました。

富樫勇樹にも匹敵するスピードです。

筆者
次回齋藤拓実のプレーを見る時には彼のスピードを意識して見てみてください!

世代最強のPG

 

齋藤拓実は馬場雄大世代(95年生まれ)です。

この世代では最強のPGと言っても過言ではないでしょう。

 

スピードだけではありません。

アシストも得意とする選手です。

 

高校・大学時代と周りを生かすプレーが得意でアシストを量産していました。

 

Bリーグ2020-21シーズンに記録したシーズン平均アシスト数5.6回は富樫勇樹と同率で日本人トップの記録です。

スピードとアシスト力を兼ね備えた世代最強のPGであることは明らかですね。

高い弧を描くフローター

さらに、スピードとアシスト力に加え得点力も高いのが特徴でしょうか。

滋賀に移籍した後は、毎シーズン平均二桁得点を記録しています。

 

身長が小さい選手が得点を取ることは非常に大変です。

そこで、齋藤拓実がよく見せるシュートがあります。

それは高い弧を描くフローターシュートです。

 

これは、身長の高い選手のブロックを交わすためのシュートで非常に難易度の高いシュートです。

筆者
トップスピードに乗った状態で柔らかなリリースと繊細なタッチを駆使するこのシュートがどんなに難しいことか…

バスケ経験のない方は、フローターシュートはとにかく難しいシュートであることを知っておいてください。

 

そして、齋藤拓実が放つフローターシュートは確率が高く、決まるたびに会場を沸かせます。

ぜひ、彼のフローターシュートにも注目してみてください!

まとめ

この記事ではスピード、アシスト、得点力の三拍子を兼ね備えた齋藤拓実について紹介しました。

特にスピードは驚異的で富樫勇樹にも匹敵するほどです。

世代最強のPGとしてこれからもBリーグを走り回る選手でしょう!

みなさんも齋藤拓実に注目してみてください!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!