トップクラスのシューター!狩野祐介の凄さを徹底紹介!

  • 狩野祐介についてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

ノーマークは禁物!Bリーグトップクラスのスリーポイントシューター狩野祐介

今まで数々の実績を残してきたベテランプレイヤーです。

さらに、Bリーガーでありながらも経営者の顔も持ちます。

筆者
バスケ歴15年の私が、そんな狩野祐介のすごさを紹介します!

この記事を読むことで狩野祐介の高校・大学・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイル、経営する会社について知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1990年4月18日
出身地 福岡県
中学校 福岡市立春吉中学校
高校 福岡第一高等学校
大学 東海大学
身長 184cm
体重 80kg
ポジション SG

<プロキャリア>

2013-16 東京エクセレンス
2016-20 滋賀レイクスターズ
2020-現在 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

Bリーグまでの歩み

高校時代

高校は福岡第一高校に進学します。

この高校は今では全国でも超名門のバスケ高校となっています。

狩野祐介は、この福岡第一で1年生からスタメンを務めるほどの実力者でした。

 

2年の時にも、チームの主力として活躍をして、ウインターカップ準優勝を達成しました。

さらに、3年の時にはキャプテンを務め、ウインターカップで準優勝を達成しています。

ただ、ウインターカップ2007(2年時)、2008(3年時)共に決勝で洛南高校に敗れるという何とも悔しい結果でした。

 

また、今も得意であるスリーポイントは高校時代から得意としていました。

現在も福岡第一の監督をしている井手口さんは、狩野祐介のことを「福岡第一史上、最も信頼できるシューター3人のうちの1人」だったと言っています。

また、狩野祐介は高校3年の時にU18日本代表にも選出され、主力として活躍をしていました。

大学時代

大学は東海大学に進学します。

狩野祐介は2年から少しずつプレータイムをもらうようになり、3年では主力として活躍する選手へと成長を遂げました。

4年生ではチームのキャプテンを務め、能力の高い下級生を率いてインカレ優勝を達成しました。

Bリーグでの活躍

大学卒業後は、東京エクセレンス(当時NBLの2部リーグのチーム)に入団し、プロバスケ選手をスタートさせます。

東京エクセレンスで3シーズンプレーしたその後は、Bリーグが発足した2016-17シーズンに滋賀レイクスターズに移籍をします。

滋賀で4シーズンを過ごした後は、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに移籍をしています。

 

狩野祐介がBリーグ(直近5シーズン)で残したスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB AST STL
2016-17(滋賀) 24/60 27.3分 9.1点 40.2% 44.2% 1.4回 0.9回 0.5回
2017-18(滋賀) 48/57 24.2分 8.1点 38.1% 42.0% 1.0回 1.0回 0.4回
2018-19(滋賀) 60/60 29.1分 10.7点 41.9% 44.8% 1.9回 1.6回 0.7回
2019-20(滋賀) 39/39 24.5分 9.0点 41.0% 43.0% 1.9回 1.3回 0.3回
2020-21(名古屋) 40/56 19.2分 5.2点 47.5% 46.9% 0.9回 1.3回 0.2回

出典:Basketballnavi.DB

 

狩野祐介のスタッツで一番特徴的なのが、スリーポイント成功率(3P%)です。

上記に示したスタッツでは、ほとんどのシーズンで3P%が40%超えを記録しています。

恐ろしいシューターであることを示しています。

 

さらに、2020-21シーズンの3P%は47.5%を記録し、シーズンベスト3P成功率賞を受賞しています。

ちなみに、このシーズンは3P%が47.5%、2P%が44.1%と2ポイントよりも3ポイントの方が成功率が高いという異質なスタッツを残しました。

特徴・性格

狩野祐介の特徴・性格は次の2つです。

  • 圧倒的スリーポイントシューター
  • 類い稀なキャプテンシー

圧倒的スリーポイントシューター

狩野祐介の一番の特徴をいえば、「スリーポイントシューター」であることでしょう。

スリーポイント成功率がとんでもなく高い選手です。

また、Bリーグでは1試合に10本のスリーポイントを決めたこともあります。

 

2020-21シーズンでは47.5%の確率でスリーポイントを沈めています。

だいたい2本に1本は入るイメージです。

高校時代から生粋のシューターとして活躍してきた狩野祐介は、Bリーグを代表とするシューターとして活躍をしています。

筆者
狩野祐介のシュート力はどのチームからも恐れています!

1試合に10本のスリーポイントを決めた時の動画がこちら。圧巻です。

類い稀なキャプテンシー

狩野祐介は学生時代からキャプテンの素質を磨いていました。

福岡第一高校および、東海大学時代は、各世代の優秀な選手が多くいるチームのキャプテンを務めてきました。

 

Bリーグでは滋賀で3年間キャプテンを務めました。

さらに、名古屋への移籍直後の2020-21シーズンではチームの副キャプテンを務め、今シーズンはキャプテンを務めています。

狩野祐介はコート内外でキャプテンとしてチームを引っ張っています。

筆者
狩野祐介のベンチでのチームメイトに対する振る舞い方にも注目してみても面白いですよ!

会社を経営する社長!狩野祐介

狩野祐介はBリーガーながらも2020年9月1日に会社を立ち上げることとなります。

「Acredite株式会社」という会社です。

設立のことは本人のTwitterで報告をしています。

事業内容は、以下の3つです。

  • スポーツアスリートのマネジメント及びプロモート業務、セカンドキャリア支援業務
  • アパレル及びテキスタイルの企画・制作・販売
  • 語学スクール・スポーツ教室の運営

プロバスケ選手である狩野祐介らしい事業内容ですね。

プロバスケ選手をやりつつ、そしてこれからもずっとスポーツに関わる仕事を続けていく姿はものすごくかっこいいです。

 

ちなみに、社名のAcredite(アクレジーチ)はポルトガル語で信頼という意味だそうです。

たくさんの人と信頼関係が築ける会社にしたいとの思いだとのこと。

まとめ

この記事ではBリーグトップクラスのシューター狩野祐介について紹介しました。

得意のスリーポイントの成功率は非常に驚異です。

そして、Bリーガー経営者でもあります。

これからもBリーグだけでなく、スポーツの発展に寄与する素晴らしい選手です!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!