【今見るから価値がある】NBAを見る方法と料金を紹介します!

筆者
みなさん、こんにちは。バスケ歴15年、バスケが好きでたまらない筆者です。

日本でもNBAの人気が年々増してきていますよね。

というのも、今は2人の日本人NBAプレイヤーがいるからです。

 

「八村塁」「渡邊雄太」

彼らは日本のバスケットボールの可能性を限りなく広げた選手です。

八村塁はワシントン・ウィザーズ、渡邊雄太はトロント・ラプターズで活躍を見せています。

 

日本人プレイヤーや、人間離れしたスーパースター選手のプレーを見たいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、NBAを見る方法とその料金を紹介します。

また、プレーオフが始まった今は、LEAGUE PASSがより安くなりました!

NBAを見る方法をはっきりさせ、NBA視聴を楽しみましょう!

NBAを見るには?

いきなり結論です。

現在、NBAを視聴するには「NBA Rakuten」というサービスを使用するしか方法はありません。

というのも、2017年から楽天がNBAの放映権を独占しているためです。

\NBA Rakutenのご利用はこちら/

気になる「NBA Rakuten」の料金はいくら?

ここからは「NBA Rakuten」の視聴プランを紹介します。

視聴プランは以下の3つあります。

  • LEAGUE PASS
  • BASIC PASS
  • SINGLE GAME TICKETS

各プランの料金を順に紹介します。

LEAGUE PASS(リーグパス)

  • シーズンプラン(2021-22シーズン終了まで)

19,800円(税込)
9,900円(税込)

  • 月額プラン

2,640円(税込)

内容

全試合をLiveおよび見逃し(VOD)で視聴可能

シーズン終盤に差し掛かり、シーズンプランの価格がより求めやすい価格となりました!

筆者
NBAが大好き人。どんな試合でも好きなタイミングで不自由なく見たい方におすすめです。

BASIC PASS(ベーシックパス)

  • 月額プラン

990円(税込)

内容

<レギュラーシーズン>

NBA Rakutenが選択した7試合/週をLiveおよび見逃し(VOD)で配信

<カンファレンスファイナル/ファイナル>

見逃し(VOD)のみで配信

筆者
NBAの試合を見たいが、月あたりに支払うお金を減らしたい方におすすめです。

ただし、レギュラーシーズンはNBA Rakutenが選択した試合しか見ることができないので、必ずしも見たい試合を見られるわけではありません。

SINGLE GAME TICKETS(シングルゲームチケット)

1チケット:550円(税込)

内容

1枚につき、好きな1試合がLiveおよび見逃し(VOD)で視聴可能

筆者
なんとしてでも見たい試合がある時に使用するプランです。ベーシックパスとの併用も可能です。

まとめ

この記事では、NBAを視聴する方法を紹介しました。

日本でNBAを見る方法は「NBA Rakuten」を利用する方法しかありません。

 

八村塁や渡邊雄太の活躍を見たい方!

NBAのスーパースター選手のプレーを見たい方!

日本人プレイヤーがこんなにもNBAで活躍しているのは今だけかもしれません。

バスケが好きならNBAを今思いっきり楽しみましょう!

\NBA Rakutenのご利用はこちら/

最新情報をチェックしよう!