バスケ後も気軽に摂取できるプロテインバーが超おすすめ!

昨今、多くの人が日常の食生活におけるプロテイン(タンパク質)摂取の大切さを理解しています。そして、手軽にタンパク質を摂取できる食べ物として「プロテインバー」にも人気が集まっています。

プロテインバーは、スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなど、身近なお店で取り扱われています。よく目にしますよね。

忙しい朝や外出先などで、気軽にタンパク質を摂取できることが魅力であり、スポーツマンにはもちろん、忙しいサラリーマンにも人気な商品です。

 

ただ、プロテインバーにも様々な種類があります。いろいろ試して、好みのものを選ぶことになるでしょう。

そこで、この記事では好みのプロテインバーを見つける手助けとして、プロテインバーの種類や選び方について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

筆者
バスケ好きのスポーツマンで、多くのプロテインバーを試してきた筆者が紹介します!
PR

なぜプロテインバーが人気なのか?

まず、そもそもプロテインを摂取する目的ですが、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020」によると、15~64歳男性のタンパク質摂取量は1日当たり65gが推奨されています。

これらのタンパク質は普段の食事だけでは、なかなか摂取できる量ではありません。そこで、プロテインで不足しているタンパク質を補うのです。

 

ちなみに、プロテインバーでは、1本あたり約10~25gのタンパク質を摂取できます。

筆者
「想像していたよりも、多くのタンパク質をプロテインバーで補うことができる」と思った人も、多いのではないでしょうか?

 

気軽に効率的にタンパク質を摂取できることからプロテインバーが人気となっているのです。

そして、遠征中や試合の合間など、ガッツリ食事を取れない時に気軽に食べられ、空腹を満たしてくれることから、バスケットボールなどの運動部に所属している中学生・高校生にも人気があります。

プロテインバーのタイプ

まずは、プロテインバーにはどういったタイプがあるのかを把握していきましょう。

最近のプロテインバーの種類はこちらになります。

タイプ 特徴
ベイクド 中までみっちり詰まり、しっとりとした食感。
ウエハース クリームが挟まれているウエハース。サクサク食感でおやつ感覚。
クランチ パフが入っていて食感ザクザクで食べ応えあり。
グラノーラ グラノーラを固めてバーにした感じ。
ソーセージ 魚肉ソーセージやささみのような食感。甘いものが苦手な人向き。

プロテインバー選び方

どういったタイプのプロテインバーがあるか分かれば、あとは何を基準に選ぶかです。

筆者
様々なプロテインバーを試してきた僕からすると、次の3つを基準にすれば良いでしょう。
  1. 味と食感が好きか
  2. タンパク質含有量
  3. カロリーと糖質

おやつ感覚で効率的にタンパク質を摂取できることから、1つ目の「味と食感が好きか」だけで選択する人も多いです。そもそも、おやつ感覚で食べる人にとっては、「味と食感」を重視しない人はいないでしょう。

 

「味と食感」がよければ、その他に気にするなら、「タンパク質含有量」や「カロリーと糖質」です。これらは成分表を見るだけなので簡単に確認できる項目ですね。

せっかくプロテインバーを食べるのであれば、これらの項目も確認して選ぶことをおすすめします。

おすすめのプロテインバー

ここからは、筆者も試したおすすめできるプロテインバーを紹介します。

筆者
それぞれのメーカーで様々なタイプ・味のプロテインバーを提供しています。

※タイプとは上記に記載したプロテインバーのタイプです。

丸善 ささみプロテインバー

created by Rinker
丸善
¥2,020 (2022/10/04 14:19:30時点 Amazon調べ-詳細)
商品名 PROFITささみプロテインバー(コンソメ味)
内容量 130g (65g×2本入)
タイプ ソーセージ
タンパク質量 11.1g(1本あたり)
カロリー 71kcal(1本あたり)
糖質
筆者
甘いプロテインバーが苦手であれば、これが最適です。ささみを食べている感覚で、おやつというよりは食事に近い感覚です。

アサヒグループ食品 1本満足バー

created by Rinker
1本満足バー
¥4,530 (2022/10/04 14:19:31時点 Amazon調べ-詳細)
商品名 1本満足バー プロテインチョコ
内容量 39g
タイプ ベイクド
タンパク質量 15g
カロリー 183kcal
糖質 11g

MYPROTEIN リーンプロテインバー

商品名 リーン プロテイン バー
内容量 45g
タイプ クランチ
タンパク質量 18g
カロリー 153kcal
糖質

様々なプロテインを出している、プロテイン専門で世界的に有名なMYPROTEINが出す商品です。

森永 inバープロテイン

created by Rinker
inバープロテイン
¥4,284 (2022/10/04 14:19:32時点 Amazon調べ-詳細)
商品名 in バー プロテイン ベイクドチョコ
内容量 44g
タイプ ベイクド
タンパク質量 15.9g
カロリー 227kcal
糖質 10.5g

UHA味覚糖  SIXPACK 低糖質プロテインバー(チョコレート味)

created by Rinker
SIXPACK(シックスパック)
¥2,580 (2022/10/04 14:19:32時点 Amazon調べ-詳細)
商品名 UHA味覚糖  SIXPACK 低糖質プロテインバー
内容量 40g
タイプ ベイクド
タンパク質量 20.6g
カロリー 166kcal
糖質 5.3g
筆者
低糖質で高タンパク質を摂取することができる商品です。

まとめ

この記事では、スポーツマンだけでなくサラリーマンにも人気を集めているプロテインバーを紹介しました。

健康ブームもあり、どこでも気軽に食べられることから人気がある商品です。

バスケットボールプレイヤーなどのスポーツマンにとっては、遠征や試合の合間に気軽に空腹を満たすこともできることから人気となっています。

 

また、この記事では筆者がこれまでの試してきたプロテインバーでおすすめのメーカーや商品を紹介しました。

すでに数多くのプロテインバーがありますが、迷った場合はこの記事で紹介しているものから試してみるのもいいかもしれません。

PR
最新情報をチェックしよう!