#6 NBAジャパンゲームのチケット代をあなたはどう思う?

こんにちは。バンくんです。

先日、NBAジャパンゲーム2022のチケット価格が公開されました。まず、僕の正直な感想はこうでした。

「かなり高くね・・・?」

同じように思った方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は、このNBAジャパンゲームのチケット価格について思ったことをNBAの凄さを交えながら書いていきます。

 

このブログでは、このように毎週バスケに関する記事を書いています。

先週の記事はこちらです。ぜひ読んでみてください。

関連記事

筆者 こんにちわ。バスケが大好きなバンくんです。 今週もバスケに関する記事を書きました。 今回は、4/10(日)に行われた川崎ブレイブサンダースと秋田ノーザンハピネッツの試合で感じたことと、NBAレギュラーシーズン[…]

NBAジャパンゲーム

まずみなさん、2022年9月30日、10月2日にNBAジャパンゲームがあることはご存じでしょうか?今回でNBAジャパンゲームは8度目となります。今回は、前回(2019-20シーズン)と同様で楽天が主催するジャパンゲームです。

来日チームはゴールデンステート・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズです。ウォリアーズは、カリーなどスーパースターが多く在籍しており、楽天がスポンサーとなっているチーム。ウィザーズは言わずもがな、我らが日本代表の八村塁が所属しているチームです。

日本人から愛されている2チームが来日するとなり、このゲームの開催が発表された時はSNSでものすごく話題になりました。

そんな注目のNBAジャパンゲームですが、先日にチケットの先行発売(抽選)が始まりました。

 

チケットの詳細はこちらの記事を見てみてください。

関連記事

先日、楽天グループ株式会社(以下「楽天」)とNBAにより、「NBA JAPAN GAMES 2022 Presented by Rakuten」を日本で開催することが発表されました。 「NBA JAPAN GAMES 2022 Pre[…]

チケット代について

NBAは、マーケット自体がかなり大きく、世界中から愛されているリーグです。そして大きなお金が動いているビジネスです。

NBAには、各チームが専用で大きなアリーナを設けています。各チームに熱狂的なファンが多くいます。そこでプレーしている選手の年俸も目が飛び出るくらい高額です。例えば、今回来日するウォリアーズのステフィン・カリーの年俸は50億円を超えています。

そんなNBAのチケット価格はBリーグに比べてもかなり高額となります。僕も何度か現地でNBAを観戦したことがありますが、1万円を超えることは普通です。前から20列目くらいの座席で見るために5万円くらいのチケットを購入したこともあります。

コートサイドの席まで行くと10万を超えるのは当然で、20万、30万、それ以上する時もあります。

そして、みんなが気になる今回のNBAジャパンゲームの価格ですが、こちらもかなり高額な価格で発売されています。

前から20列目、30列目のような座席でも5万円を超えます。アリーナ席になると10万円を超えます。コートサイドは30万円オーバーです。さらにVIP席は42万円です。

VIP席やコートサイド席は、日本にも富裕層の方はそれなりにいるとも思うので、とりあえず置いておくとしても、スタンド席でも5万円前後です。一般の方だとNBAへの情熱にもよりますが、出せても5万円という方が多いのではないでしょうか?(僕はそんな感じ)

ちなみにこの価格は、前回のNBAジャパンゲームより1.5〜2倍くらい値段です。

 

とはいえ、「これくらい払うよ」って考え方の人も多いのは事実でしょう。実際にアメリカに行くための旅費を払わなくて良いと考えると本場でNBAを見ることに比べれば安いのかもしれません。

さらに、今回に関しては多くの方が知っている八村塁も来日予定ですからね。僕の周りにも、バスケは普段見ない(Bリーグも見ない)人でも、八村塁が来るということでNBAジャパンゲームのチケットを申し込んでいる友人もいました。

それくらい、今回は日本中で注目されている試合とも言えるのでしょう。また、来年以降、日本でNBAを見られるかの保証もできません。純粋に貴重なイベントであることを考えると、妥当な値段設定なのかもしれません。

 

この価格設定で諦めた人も多いでしょう。それでもそのような人以上に、この試合を見たいと思っている人が多いかもしれません。

現在は1回目の先行販売期間中ですが、どれくらいのチケットが残るかが気になるところでもあります。もしかしたら、1回目で完売もありうるかもしれません。

日本でどれくらいNBAもしくは八村塁が人気なのかが、チケットの売れ具合で分かるかもしれませんね。それも少し楽しみです。

NBAは何がすごいのか?

チケットの話はここまでにしておいて、最後にNBAの凄さについて少し書こうと思います。

何度も言いますが、今回のNBAジャパンゲームは過去最高のカードと言えるくらい豪華かつ日本人にとって嬉しいカードになります。

ウォリアーズは、カリーを中心に人間離れしたシューター陣を揃えています。世界最高峰のバスケットボールを見られることは間違えないのです。抜群の身体能力による派手なプレーもあれば、アートのようなセットプレー、そして何よりも、どこからでも決められるシュート力、これらが合わさることで、さらなる異次元なプレーが見られるでしょう。

ウィザーズも負けてはいません。もうすでに一流のNBAプレイヤーと対等に戦えるようになった八村塁や、得点王を争うようなスーパースターのブラッドリー・ビール、そして身体能力抜群な選手たちと、かなりハイレベルなバスケが見られるでしょう。

世界No.1のバスケを日本で見られるだけで貴重なことです。子供だけでなく大人もこの凄さに圧倒されることは間違いないでしょう。

そして、会場の盛り上がりも凄まじいものでしょう。NBAはエンターテイメント性でも非常に優れています。非日常の空間です。会場に入って、出るまで、もれなく楽しむことができます。

ぜひ、一生の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?なんせこれから先、日本で同じ体験ができるかも分かりませんから。

 

 

今回の記事はここまでとします。

みなさん、NBAジャパンゲームについてどう思っていますか?今回は僕が思っていることを書いてきました。結論、「チケット代は高いけど、NBAは必ずすごい空間を見せてくれるでしょう!」ということです。

 

このように、このブログではバスケに関する情報や、そこから感じたことを毎週シェアしております。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

では、また来週お楽しみに!

最新情報をチェックしよう!