日本バスケ界に突如現れた渡邉飛勇の生い立ちや強さを徹底紹介!

Bリーグファン
  • 渡邉飛勇(わたなべひゆう)についてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

突如、日本代表に現れた渡邉飛勇。

日本人離れしたビックマンです。どんな選手なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そんな彼はバスケキャリアのほとんどをアメリカで過ごしています。

なかなか情報の少ない選手です。

筆者
バスケ歴15年の私が、渡邉飛勇のすごさを紹介します!

この記事を読むことで渡邉飛勇の生い立ち、高校大学時代やプレースタイルついて分かります。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

生年月日 1998年12月23日
出身地 アメリカ合衆国
高校 イオラニスクール(ハワイ)
大学 ポートランド大学
大学院 カリフォルニア大学デービス校大学院
身長 207cm
体重 106kg
ポジション PF

<プロキャリア>

2021-現在 琉球ゴールデンキングス

Bリーグまでの歩み

生い立ち

アメリカ人の父と日本人の母の間にハワイで生まれました。

なお、父はハワイで木材にに関するビジネスを営んでいるそうです。

また、渡邉飛勇自身バスケットボールは子供の頃からやっていました。

高校時代

ハワイのイオラニスクールに通っていました。

大学進学を目指していた渡邉飛勇は、バスケよりもバレーボールの方が奨学金を得る可能性が高いのではないかと思い、高校2年まではバレーボールに打ち込んでいました。

しかし、バレーボールでうまくいきそうもないと判断し、高校3年でバスケットボールを再開します。

大学時代

大学はバスケットボールで奨学金をオファーをもらったポートランド大学へ進学しました。

余談になりますが、ポートランド大学には帝京長岡高校を卒業したタヒロウ・ディアバテも所属していました。

 

渡邉飛勇は大学のレベルに慣れるために、まずはレッドシャツ(試合に出られない練習生)として過ごしていました。

 

また、八村塁が所属していたゴンザガ大学との対戦も経験しています。

当時の試合は八村塁の活躍によりゴンザガ大学が勝利しています。

実際に対戦して、八村塁の強さを肌身で感じたと振り返っています。

 

また、3年間でファイナンスの学位を取得しポートランド大学を卒業しています。

バスケをやりながらも勉強を怠らない姿から、渡邉飛勇は努力家で優秀な大学生であったことが想像できますね

その後は、カリフォルニア大学デービス校大学院にも通いました。

そして、大学院の途中で日本代表に加わり、そのまま琉球ゴールデンキングスと契約を交わしました。

大学時代のプレー動画がこちら。

特徴・性格

渡邉飛勇の特徴は次の2つです。

  • 力強いローポストのプレー
  • 抜群の運動神経と跳躍力

力強いローポストのプレー

渡邉飛勇の1番の特徴は207cm、106kgの日本人離れした体格を活かしたローポーストでのプレーです。

日本代表では竹内兄弟を超えるビックマンとして期待されています。

 

大学までアメリカの環境でバスケをやってきて、常に体の大きな選手を相手にしてきました。

世界基準のセンタープレイヤーです。

Bリーグでは外国籍選手とも対等に張り合う姿が見られるでしょう!

抜群の運動神経と跳躍力

渡邉飛勇は、ただ身長が大きい選手ではありません。

抜群の運動能力と跳躍力を兼ね備えています。

 

ディフェンスと対峙していてもダンクする姿も見られます。

オフェンスとディフェンスで共に安定的にリバウンドを取る選手でもあります。

まさに、ゴール下は渡邉飛勇のテリトリーと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

この記事では突如日本代表に現れた渡邉飛勇について紹介しました。

アメリカ生まれ、アメリカ育ちで世界基準のバスケットボールプレイヤーです。

日本人離れした体格と運動能力を活かして、これからの活躍が期待できる選手です。

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!