NBA1年目を終えた八村塁[契約スポンサーと収入まとめ]

NBA
  • 八村塁の年俸は?
  • 契約しているスポンサーは?

そんな疑問を解消します。

日本人NBA選手として活躍を続ける八村塁選手です。

日本バスケ、そして日本全体を盛り上げる八村塁選手を通して多くのお金が動いています。

 

この記事を読むことで、八村塁選手の年俸、契約スポンサーが分かります。

端的に結論しか書いていません。1分程度で読むことができます。

NBA1年目を終えた八村塁の収入

八村選手のNBA一年目で稼いだ収入は約15~16億円と言われています。

内訳は次の通りです。

  • ワシントンウィザーズの年俸:約5億円
  • スポンサー収入:約10~11億円

契約しているスポンサー

八村塁が2020年10月現在契約しているスポンサーは以下のスポンサーです。

  • カシオ計算機(G-Shock)
  • GOAT
  • 日清食品
  • NEC
  • ジョーダンブランド
  • SoftBank
  • 三井住友銀行
  • NBA2K
  • 大正製薬(リポビタンD)
  • マキタ

「日清食品」、「SoftBank」、「三井住友銀行」のCMは見たことがあると言う人も多いでしょう。

「GOAT」とは、アメリカのスニカー仲介サイトでアパレルやスニーカーを取り扱う会社です。「NBA2K」は、NBA公式のNBAのゲームのことです。

 

また、日本人で「ジョーダンブランド」と契約したのは八村塁しかいません。

「ジョーダンブランド」とは、ナイキが出しているバスケの神様マイケルジョーダンのシグニチャモデルブランドのことです。

ジョーダンブランドからは八村塁モデルのシューズも販売されています。

 

契約しているスポンサー数はNBA選手の中でも多い方です。

新人の中では2番目にスポンサー収入が多いと言われています。

また、NBA全体でもスポンサー収入はトップ12に入る多さで、規格外のスポンサー収入を得ています。

 

以上、八村塁の年俸とスポンサー収入に関する記事でした。

最新情報をチェックしよう!