NBAジャパンゲーム2022開催決定!日程やチケット情報まとめ

NBA

先日、楽天グループ株式会社(以下「楽天」)とNBAにより、「NBA JAPAN GAMES 2022 Presented by Rakuten」を日本で開催することが発表されました。

「NBA JAPAN GAMES 2022 Presented by Rakuten」では、ゴールデンステート・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズのプレシーズンゲーム2試合がさいたまスーパーアリーナで下記日程にて開催されます。

<開催日>

  • 2022年9月30日(金):GAME1
  • 2022年10月1日(土):Saturday Night
  • 2022年10月2日(日):GAME2

この記事では、「NBA JAPAN GAMES 2022 Presented by Rakuten」のチケットの販売情報や価格など、NBAジャパンゲームに関する情報をまとめていきたいと思います。

チケット販売情報

チケットの販売時期や購入方法、購入条件について紹介します。

チケット購入時期

現在発表されているチケットの先行販売スケジュールは次の2回です。

  • 2022年4月18日(月)15:00〜:LEAGUE PASS シーズン/年額プラン契約者
  • 2022年5月13日(金)15:00~:LEAGUE PASS シーズン/年額/月額プラン契約者

どちらの日程も先着順ではなく、抽選による販売であるので、開始と同時に申し込む必要はありません。

チケット購入方法・条件

上記にも記載しましたが、チケットの先行販売は2回実施されます。

それぞれの購入条件は次の通りです。

1回目の先行
⇨LEAGUE PASSのシーズン(年額)プランに加入している方
2回目の先行
⇨LEAGUE PASSのシーズン(年額)プランおよび、月額プランに加入している方

LEAGUE PASSとは、NBA Rakutenのサービス契約プランです。

年額 / 月額プランの料金表は以下のようになります。

契約プラン 金額
シーズン(年額)プラン 9.900円(税込)
月額プラン 月額2,640円(税込)

 

今回のNBAジャパンゲームは過去最高に注目されている試合です!先行販売で多くのチケットが売れることが予想できるでしょう。

確実にチケットを購入したい人は、NBA Rakuten LEAGUE PASSの登録をすることをおすすめします。

来日チームの紹介

今回来日する2チームについて簡単に紹介します。なお、両チームとも今回が初めての来日となります。

ゴールデンステート・ウォリアーズ

これまでに6度のNBAチャンピオンになったことのあるチームです。

現在はステフィン・カリー(NBA最優秀選手賞2回獲得、歴代スリーポイント最高成功数記録保持)やクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンなどNBAオールスターに何度も選出されているスーパースターが多くいる所属しています。

今回のジャパンゲームでもこの3人(通称ビックスリー)の姿が見られる可能性が高く、日本でも楽しみにする声が多く上がるでしょう。

さらに、楽天がウォリアーズのスポンサーになっていることから日本との繋がりも強く、日本でも人気の高いチームです。

ワシントン・ウィザーズ

NBAドラフトで1巡目指名された八村塁が所属するワシントン・ウィザーズ。

もうほとんどの人は彼のことを知っているでしょう!日本バスケの未来を背負っているプレイヤーです。

他にも、NBAオールスターに3回選出されているブラッドリー・ビールや、2018年のオールスターに選出されたクリスタプス・ポールジンギスが所属しています。

日本のバスケファンみんなが好きなチームと言っても過言ではない。そんなチームです。

チケットはいくらになるか?

NBAの試合のチケットはかなり高額であることは、バスケファンならご存知の方も多いのではないでしょうか。

そして、今回の試合を観にいきたい方は、まずチケットの価格を気にしているでしょう。

この「NBA JAPAN GAMES 2022 Presented by Rakuten」のチケット情報をまとめていきます。

「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット価格

2022年4月18日、「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット価格が発表されました。

各座席の価格(税込)
※右にスクロールできます。

席種 2Daysチケット Game1 or Game2 Saturday Night
コートサイド VIP 429,000円 420,000円 45,000円
コートエンド VIP 409,000円 400,000円 43,000円
コートサイド 319,000円 310,000円 40,000円
コートエンド 149,000円 140,000円 30,000円
アリーナSS 129,000円 123,000円 28,000円
アリーナS 99,000円 93,000円 23,000円
アリーナ 89,000円 83,000円 20,000円
スタンドSS 65,000円 63,000円 13,000円
スタンドS 55,000円 53,000円 10,000円
エンドSS 44,000円 42,000円 6,000円
エンドS 34,000円 32,000円 5,000円
スタンドA前段 29,500円 28,000円 4,500円
スタンドA後段 26,500円 25,000円 4,000円
スタンドB 22,500円 21,000円 3,000円
スタンド300 52,000円 50,000円 8,000円
スタンド400 14,500円 13,000円 3,000円
スタンドエンド 9,000円 8,000円 2,000円
スタンドS*車椅子席 60,000円 58,000円 15,000円

※2Daysチケットとは(Game1 or Game2) + Saturday Nightの2日間のチケット

席割図

出典:NBA Rakuten公式HPより

【比較】「NBA JAPAN GAMES 2019」のチケット価格

ここで、2019年に開催されたNBAジャパンゲーム(トロント・ラプターズvsヒューストン・ロケッツ)のチケット価格を振り返っていきます。

各座席の価格

席種 価格(税込表記)
VIP席 260,000円
コートサイド 175,000円
コートエンド 96,000円
アリーナSS 90,000円
アリーナS 62,000円
アリーナ 55,000円
スタンドSS 45,000円
スタンドS 35,000円
ゴール裏前段 31,000円
ゴール裏後段 23,000円
スタンドA前段 21,000円
スタンドA後段 16,000円
スタンドB 15,000円
スタンドエンド 8,000円

席割図

出典:Rakutenチケット公式HPより

過去に日本で開催されたNBA

これまでに、日本で開催されたNBAの試合を紹介します。

  • 1990-91:ファニックス・サンズ vs ユタ・ジャズ
  • 1992-93:ヒューストン・ロケッツ vs シアトル・スーパーソニック(現:オクラホマシティ・サンダー)
  • 1994-95:ロサンゼルス・クリッパーズ vs ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 1996-96:ニュージャージー・ネッツ(現:ブルックリン・ネッツ) vs オーランド・マジック
  • 1999-00:サクラメント・キングス vs ミネソタ・ティンバーウルブズ
  • 2003-04:シアトル・スーパーソニックス vs ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 2019-20:トロント・ラプターズ vs ヒューストン・ロケッツ

今回のNBAジャパンゲームで8回目の開催となります。

まとめ

この記事では、「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten」に関する情報をまとめました。

日本のバスケファンからしたら、もうすでに興奮している対戦カードなのではないでしょうか!

NBAのスーパースターや日本の誇りの八村塁を日本で見ることができます!間違えなく一生の思い出に残る試合となるでしょう!

まだ未確定な情報については、発表され次第、この記事に更新していきます。

みなさんも随時チェックしてみてください!

最新情報をチェックしよう!