広島でキャプテンを務めるグレゴリー・エチェニケの強さを徹底紹介!

  • グレゴリー・エチェニケについてもっと知りたい!

そんな疑問に答えます。

圧倒的な力強さでゴール下を支配するグレゴリー・エチェニケ。

持ち前のリーダーシップ力を発揮してチームを引っ張る選手でもあります。

これからもBリーグを引っ張る選手であることは間違えないでしょう。

筆者
バスケ歴15年の私が、そんなグレゴリー・エチェニケのすごさを紹介します!

この記事を読むことでグレゴリー・エチェニケの大学・海外・Bリーグでの活躍や特徴、プレースタイルについて知ることができます。

選手についてよく知ると、バスケはより面白くなります。ぜひ最後まで読んでみてください。

プロフィール

<プロフィール>

NAME Gregory Echenique
生年月日 1990年11月23日
出身地 ベネズエラ
高校 セント・ベネディクト高等学校
大学 ラトガース大学
クレイトン大学
身長 208cm
体重 120kg
ポジション PF/C

<プロキャリア>

2013-17
2018-19 島根スサノオマジック
2019-現在 広島ドラゴンフライズ

Bリーグまでの歩み

高校・大学時代

グレゴリー・エチェニケ(以後エチェニケ)は、アメリカ、ニュー・ジャージー州ニューアークにあるセント・ベネディクト高校に進学しました。

大学は、ニュー・ジャージー州ニューアークにあるラトガース大学に進学し、そこで1年間を過ごします。

その後、ネブラスカ州オマハにあるクレイトン大学に転校しました。

クレイトン大学では3シーズンプレーしています。

 

クレイトン大学の3シーズンのスタッツがこちら。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2010-11 24/30 22.8分 10.5点 60.9% 5.8回 1.8回 0.8回 0.4回
2011-12 35/35 23.9分 9.7点 60.7% 7.3回 1.6回 0.6回 0.4回
2012-13 36/36 22.9分 9.7点 65.7% 6.6回 1.7回 0.4回 0.6回

出典:https://www.sports-reference.com/cbb/

 

大学時代は、チームの主力であることはもちろんのこと、インサイドプレーヤーとして活躍していたことが分かりますね。

スリーポイントを試投することはほとんどなく、インサイドでの得点とリバウンドを量産していました。

海外でのプロ生活

エチェニケは、これまでに数々の国でのプレー経験があります。

エチェニケがBリーグ前にプレーした国は以下の国です。

  • ドイツ
  • ベルギー
  • ベネズエラ

そして、どこのチームでも、持ち前の体の強さを生かしたインサイドプレーで活躍を見せていました。

Bリーグでの活躍

エチェニケは28歳(2018-19シーズン)の時に、島根スサノオマジック(当時はB2)と契約を結びます。

そして、次のシーズンには、広島ドラゴンフライズ(当時はB2)に移籍をします。

2019-20シーズンはB2のレギュラーシーズン最優秀賞を獲得する活躍もしました。

さらに、チームとしても次シーズン(2020-21シーズン)からのB1昇格を果たしています。

 

今シーズンでエチェニケは、広島3シーズン目となり、チームのキャプテンを務めています。

 

ここで、エチェニケがBリーグで残したスタッツを紹介します。

※右にスクロールできます。

シーズン GS/G MP PTS 3P% FG% TRB BLK AST STL
2018-19(B2島根) 57/57 37.0分 19.0点 61.9% 13.7回 1.5回 2.4回 0.8回
2019-20(B2広島) 44/44 34.5分 21.2点 0% 71.2% 12.1回 1.5回 2.1回 1.0回
2020-21(広島) 55/55 32.5分 17.1点 0% 62.0% 9.7回 0.8回 2.0回 0.8回

出典:Basketballnavi.DB

 

驚異的なスタッツを残していることが分かりますね。

2018-19シーズンの1試合平均プレータイム(MP)は37.0分です。

なんと、シーズン通して1試合平均約3分しか休んでいません。とんでもない選手です。

 

さらに、平均得点(PTS)は各シーズン20点前後を記録しています。

まさに、チームの得点源の選手です。

また、スリーポイントを試投することはほとんどなく、インサイドでの攻撃が中心なことも分かりますね。

特徴・性格

エチェニケの特徴・性格は次の2つです。

  • 力強いインサイド攻撃
  • キャプテンシー溢れる性格

力強いインサイド攻撃

エチェニケの特徴と言えばなんといっても、「力強いインサイド攻撃」でしょう。

その象徴として分かるのがフィールドゴールの確率(FG%)の高さです。

2019-20シーズンのFG%は71.3%です。他のシーズンでも60%を超えています。

 

これは、スリーポイントをほとんど打たず、インサイドでのシュートがほとんどであるがゆえの数字です。

アウトサイド攻撃がなく、インサイド攻撃しかないと分かっていても、抑えることが大変な選手がエチェニケなのです。

筆者
彼の強力なインサイドプレーには、どのチームも恐れていることは間違いないでしょう!

キャプテンシー溢れる性格

エチェニケはリーダーシップのある選手です。

というのも、今シーズンは広島ドラゴンフライズのキャプテンを務めています。

 

エチェニケは、母国ベネズエラの代表としてプレーしたこともあり、国を代表するメンタリティーを持ち合わせた選手であると、広島のGMやコーチ陣が評価しています。

実際に、外国籍選手がBリーグのチームのキャプテンを務めることはあまりありません。

エチェニケは異国の地である日本でも、強みであるリーダーシップ力を発揮している素晴らしい選手なのです。

筆者
エチェニケのチームメイトをまとめる姿に注目してみても面白いかもしれません!

まとめ

この記事ではインサイドで圧倒的な力を発揮するグレゴリー・エチェニケについて紹介しました。

インサイドでの得点とリバウンドを量産する選手です。

さらに、リーダーシップを発揮してキャプテンとして広島を引っ張ります。

これからも期待して応援していきましょう!

 

選手について深く知ることで、バスケがより面白くなります。

他にも選手紹介の記事を書いていますので、ぜひ読んで見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!